about_bottole

「究極の白醤油」を追い求め、生まれたしろたまり

日東醸造は大正初期の創業以来、ずっと白醤油を作り続けてきました。
そして平成5年、「究極の白醤油を作ってみたい」という思いから、生まれたのがしろたまりです。
しろたまりは国産の小麦で作った小麦麹を通常の2倍量使用し、
伊豆大島の伝統海塩を加えて昔ながらの木桶で醸造。
大豆を使用していないため、法律上「しょうゆ」と表記することはできませんが、
大豆を使用しないことと小麦麹を2倍使用する(当社比)こと以外、
製造方法は白醤油とまったく同じです。

ご自身の目で舌で、この高い香りと黄金色の輝きを吟味ください。

足助仕込三河しろたまり

  • 愛知県産小麦と、伊豆大島の伝統海塩
    「海の精」が原料。
  • 愛知県豊田市大多賀町の「足助仕込蔵」の
    木の樽で天然醸造。
  • 全ての素材が非遺伝子組み換えです。
  • 化学調味料・保存料は一切使わず、
    製造過程で火にかけることのない、生のお醤油です。

しろたまりは究極のこだわりが詰まった
	奥三河・足助町にある「足助仕込蔵」で製造しています。

▶︎大多賀峠から見た大多賀の集落と背後の段戸山系の山々です。右手から三つ目の左右にバランスの取れた頂が「鷹ノ巣山」(たかのすやま)の山頂で、写真左手の北側から南に向かって尾根が続いています。またここには、段戸裏谷・原生林が広がっています。冬に登ると鷹ノ巣山山頂からは、富士山も見ることができます。

▲大多賀峠から見た大多賀の集落と背後の段戸山系の山々です。右手から三つ目の左右にバランスの取れた頂が「鷹ノ巣山」(たかのすやま)の山頂で、写真左手の北側から南に向かって尾根が続いています。またここには、段戸裏谷・原生林が広がっています。冬に登ると鷹ノ巣山山頂からは、富士山も見ることができます。

日東醸造は豊田市大多賀町で
「足助仕込三河しろたまり」を
醸造しています。
ーなぜしろたまりは
足助仕込蔵で作られるのか

私たち日東醸造は、創業以来ずっと愛知県碧南市で白醤油を作り続けてきました。
そんな中、究極の白醤油を作ってみたいという先代会長の思いから、平成5年、国産小麦で作った小麦麹を通常の2倍量使用して、食塩と活水器を通した水を加えて仕込む「三河しろたまり」を発売しました。

※「しろたまり」は通常の白醤油の2倍の小麦麹(当社比)を仕込に使い、濃厚に仕上げたしろしょうゆなので、しろしょうゆの「たまり」という意味で名づけた当社の商品名です。 

「しろたまり」は大豆を使用していないため法律上、名称を「しょうゆ」とは表記できず、小麦醸造調味料と表記しておりますが、大豆を使用しないことと小麦麹を2倍使用する(当社比)こと以外、製造方法は白醤油と全く同じです。

「しろたまり」をさらにグレードアップしたい。醸造において最も重要なのは水です。もっといい水、ミネラル豊かな天然水で「しろたまり」をつくりたいと考えた、弊社社長はおいしい水を探しまわり、愛知県の奥三河、足助町の山あいの集落、大多賀でおいしい湧水と出会いました。

当初はこの水を碧南まで運んで「しろたまり」を作る予定でした。しかし写真でご覧いただくように、大多賀の自然環境があまりに素晴らしく、そのうえ標高720mという夏場でも涼しい涼冷な気候は「しろたまり」の色をより淡く仕込むのに最適であったので、この地で「しろたまり」を作ったらもっと良いものができるのではと考え始めました。

折しも足助町は閉校となった「足助町立大多賀小学校」の校舎の利用法を考えており、小学校に残っていた井戸からは湧水と同じおいしい水がこんこんと湧き出ていました。

平成11年に小学校の校舎を外観はそのまま内部を改装し、古式白醤油製法再現のため本社工場で使用しているFRP製の桶ではなく、昔ながらの木桶を設置し、「日東醸造足助仕込蔵」を開設しました。

大多賀は平成17年に平成の大合併により、西加茂郡足助町大多賀から豊田市大多賀町に変わりましたが、開設当時足助町であったこと、足助町立大多賀小学校の校舎を利用させていただいていることから「日東醸造足助仕込蔵」の名称を引き続き使用しています。

▲閉校になった大多賀小学校の校舎を仕込蔵としてそのまま使っています。

味へのこだわり
仕込み蔵周辺で小麦収穫?!
平成14年より小麦の試験栽培開始

“味へのこだわり”と口にするのは簡単ですが、実際、行動に移すのは、なかなかに難しいもの。こだわりは徹底するほどに、手間と時間がかかります。
日東醸造では、「もっと小麦のことを知りたい!自分たちで小麦を栽培できないか?」
そんな思いから、地元の方のご協力のもと、平成14年より仕込み蔵周辺で、小規模ながら化学肥料を使用せず、無農薬で育てる、小麦の試験栽培をスタートさせました。なかなか思うような収穫とはならず、「自分たちで育てた小麦でしろたまりを作る」という目的には至っていませんが、日東醸造のこれからを見据え、試行錯誤の取り組みを続けています。

また毎年小麦の収穫時期に合わせ、しろたまりの情報発信と地域の方との交流を目的とした足助仕込蔵収穫祭イベントを開催しています。

▲イベントの麦刈り風景

小麦の旨味たっぷり足助仕込三河しろたまり

こだわりのだし素材が決め手

愛知県産の小麦と伊豆大島の伝統海塩「海の精」を原料に使用。化学調味料・保存料を一切使わず昔ながらの木桶を使って丁寧にしこんだ天然醸造です。

※大豆を使用していないため現行法に則り、しょうゆではなく小麦醸造調味料と表示していますが、古来の麦醤を復興しています。

150ml 421円(税込)/ 300ml 604円(税込)/ 1.8L 2,030円(税込)
購入ページへ 購入ページへ

足助仕込三河しろたまりを使った三河白だし

こだわりのだし素材が決め手

「枕崎産一本釣本鰹」「北海道産真昆布」「国産干し椎茸」をだし素材に使用。厳選しただし素材に「足助仕込三河しろたまり」と「三州三河みりん」を合わせて風味豊かに仕上げたこだわりの品です。起源原料まですべて国産原料で仕上げています。

400ml:1069円(税込)
購入ページへ 購入ページへ

東海地方のみで使われる
秘伝の万能調味料って何?

オススメ商品ラインナップ

オンラインショッピングへ